写真資料について

似顔絵葉資料写真は複数枚送ってください。
写真資料はあればあるほど描きやすく、
仕上がりに大きく影響します。

笑顔の写真 +

バリエーションがあると 特徴がつかみやすい +

全身の写真 (全身を描く場合のみ)

集合写真は顔が小さいので 特徴をつかみづらい

似顔絵を描くにあたって写真は唯一の手がかりとなります。

その方らしいよりよい似顔絵を作成する為に写真はバストアップくらいで正面から撮ったぼけていない、なるべく鮮明な写真を送って下さい。

表情は微笑む程度の笑顔でリラックスした状態で撮るとよいでしょう。
全身や小物(ハンドバック、アクセサリー、帽子、眼鏡、等)入れたい場合はなるべく実につけた状態で撮って下さい。

資料写真は多い方が描きやすくなります。
少し斜から撮ったものなどバリエーションがあるとその方の特徴を捕らえやすくなります。

全身を描く場合、髪型や洋服などは基本的に写真のそのままをお描きします。
またポーズなどの指示がある場合も顔の資料写真とは違う場合、顔資料用、洋服資料用と必ず指示を入れて別添し、お申し込みフォームの備考欄に書き添えて下さい。

写真がプリントの場合、郵送にて下記住所に送ってください。
nigaoe@tag-w.com写真がデータの場合メールの添付ファイルにて送ってください。
1280pixel x 960pixel以上データ形式はjpg、一度の送信が3~5MB以上ある場合分割して送信してください。

写真を送る際のポイント
●1枚はバストアップで撮ってください
●表情は少し微笑むくらい
●また表情のバリエーションがあるとベストです
●写真は1枚だけでなく、正面と少し斜め、横顔など何枚かバリエーションを撮ってください
●全身を描く場合、全身写真も加えてください
●洋服や小物(帽子、アクセサリー鞄等)
入れたい場合身につけて撮ってください
●デジカメの場合、1枚のデータ形式は
jpegで500KB~1MB程度をメールで添付して送ってください